2011年2月アーカイブ

「ねんきんネット」サービス2/28から始まります

日本年金機構では、2月28日から「ねんきんネット」サービスを開始します。

「ねんきんネット」サービスとは、インターネットを利用して自分の年金加入記録などがいつでも確認出来るシステムです。

1.「ねんきんネット」サービスの主なポイント
① いつでも、最新の年金記録が確認できます!
24時間いつでも、「ねんきん定期便」よりも新しい年金記録を確認できます。今後「ねんきん定期便」をインターネットでお受け取りいただくことも検討しています。
② 記録の「もれ」や「誤り」の発見が容易になります!
年金に加入されていない期間、標準報酬額の大きな変動など、ご確認いただきたい記録が、わかりやすく表示されています。
③ 「私の履歴整理表」で記録の確認が容易になります!
画面の指示に従って、「私の履歴整理表」がご自宅で簡単に作成でき、年金記録の確認に役立ちます。
④ 将来の年金額が試算できます!
「年金を受け取りながら働き続けた場合の年金額は」といった知りたい情報をご自宅でご覧になれるような機能を平成23年秋以降どんどん追加していく予定です。 

 ↓ その他詳細は、こちらから

http://www.nenkin.go.jp/new/press_release/h23_02/0225_01.pdf

紛争解決援助制度に関するパンフレット

厚生労働省のホームページに「職場でのトラブル解決の援助を求める方へ」が掲載されています。

内容は、男女雇用機会均等法、育児・介護休業法、パートタイム労働法に基づく紛争解決援助制度に関するパンフレットの紹介です。
パンフレットでは「社会保険労務士」の紹介もされています。

「紛争解決援助制度に関するパンフレット」はこちら → 01.pdf

 ↓ 厚生労働省以外のホームページはこちら

http://www.mhlw.go.jp/general/seido/koyou/woman/index.html

H23年度の雇用保険料率はH22年度と同じ

厚生労働省は、2月10日、平成23年度の雇用保険料率を告示しました。

<平成23年度の雇用保険料率>平成22年度と同じ
一般の事業             15.5/1000
農林水産及び清酒製造の事業 17.5/1000
建設の事業             18.5/1000

 ↓ 厚生労働省のホームページはこちら

 http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000125gf.html 

平成23年度の年金額は0.4%下がります

平成23年度の年金額は、平成22年の物価が対前年比で下落したことにより、年金額も減額となります。

平成22年の全国消費者物価指数(生鮮食品を含む)が対前年比で0.7%下落しましたが、年金額は、平成17年以降の物価の推移により年金額を引き下げします。平成17年以降の物価の推移の結果、平成17の物価より0.4%下回ったため、平成23年度の年金額を0.4%だけ引き下げるものです。

この0.4%低下した平成23年度の年金額は、平成23年4月(6月支給分)から適用されます。

1.老齢基礎年金の満額の金額

  平成22年度         平成23年度 

  66,008円/月  →   65,741円/月(▲267円)

2.老齢厚生年金の額

  厚生労働省から夫婦2人のモデル世帯の年金額が示されています。

<モデル世帯>夫が平均的収入(平均標準報酬36.0万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯の新規裁定の給付水準

夫婦2人分の老齢基礎年金を含んでいます。

  平成22年度         平成23年度

 232,592円/月  →   231,648円/月(▲944円)

 ↓ 厚生労働省のホームページはこちら

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000010z4n.html 

 

 

我が国の医療制度の概要

厚生労働省のホームページに「我が国の医療制度の概要」が掲載されています。

我が国の医療制度について、わかりやすくかつ詳しく掲載されています。

japaniryouhi.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ↓ 厚生労働省のホームページはこちら

http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken01/01.html 

このアーカイブについて

このページには、2011年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年1月です。

次のアーカイブは2011年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。